北条義時の妻はたいへん美しい八重姫です!家系図をみてみましょう!

鎌倉・逗子・湘南
スポンサーリンク

北条義時の妻はたいへん

美しい八重姫です!

家系図をみてみましょう!

 

北条義時の妻は八重姫と言われています。

たいへん美しい姫で、伊東祐親(伊豆の豪族)

の三女です。

北条義時の家系図

北条義時は平安時代末期から

鎌倉時代初期にかけての北条氏の一門です。

伊豆国の豪族である北条時政の次男です。

また、北条政子の弟になります。

北条氏・家系図

時政

ー--義時ー--泰時

ー--政子

ー--宗時

ー--政範

ー--時房

長女の政子は保元2年(1157年)生まれで、

次男の義時は長寛元年(1163年)に誕生してますので、

政子との年の差は6歳です。

北条義時が15~16歳の頃に、姉の政子が

伊豆の流人だった源頼朝の妻になっています。

義時が18歳になった時には

時政(父)と宗時(兄)と共に

頼朝の挙兵に従いましたが、

石橋山の戦いで大庭景親に敗北

することになり、宗時は戦死しました。

八重姫の家系図

伊東氏・家系図

祐親

ー--長女

ー--次女

ー--河津祐泰

ー--伊東祐清

ー--八重姫

ー--四女

ー--女

八重姫は伊東祐親の三女と言われています。

源頼朝の最初の妻で千鶴御前(せんつるごぜん)の母です。

千鶴丸とも呼ばれていました。

源頼朝・八重姫

伊東祐親は平家の家人であったため、

伊豆に流罪となった頼朝の監視役でした。

その後、千鶴丸は男の子だったので、

伊東祐親の命により、殺害されてしまいます。

平家に敵対した源氏の嫡子(頼朝の子)である以上、

その命を奪うしかありませんでした。

八重姫にとっては自分の子を父親に

殺害されたことで、その悲しみは

計り知れないものです。

さらに、八重姫は祐親によって

頼朝との別れも強要されました。

結局、江間次郎(小次郎)と再婚させられ

悲しみに沈んだと

文献には記されています。

北条義時・八重姫の結婚

源頼朝が挙兵すると、江間次郎は

伊東祐親に味方して討たれました。

江間の地は領主がいなくなり、

恩賞として北条義時に領地を

スポンサーリンク

与えたと考えられます。

江間を与えられた義時は

江間小四郎義時と名乗ることになりました。

「鎌倉殿」に仕える一人前の

御家人になったことを意味します。

八重は江間で頼朝方の武士に

保護されることになります。

その後、江間の領主だった義時と八重が

頼朝・政子の仲介で結婚することに

なりました。

北条義時・八重姫の子供

結婚して翌年には子供が生まれ、

その子が「泰時」だったと想像できます。

「吾妻鏡」によると

泰時は頼朝から特別扱いされている

記事が確認できます。

北条義時と姫の前

姫の前は比企一族の比企朝宗の娘になります。

たいへん美しい容姿の持ち主でした。

北条義時は1年以上かけて

姫の前に恋文を送りましたが、

まったく相手にされませんでした。

それを見かねた頼朝は義時に

「絶対に姫の前と離縁しない」旨の

誓約書を書かせて、2人の間を

取り持ったと言われています。

こうして建久3年(1192年)に

姫の前は義時に嫁ぎました。

その後、朝時(次男)、重時(三男)を

生みました。

まとめ

「八重姫」と「姫の前」の関係は

「姫の前」が正室で

「八重姫」は側室と考えられます。

北条義時・八重姫ー--泰時

北条義時・姫の前ー--朝時・重時

 

鎌倉殿13人のキャストは!相関図を調べてみました!
北条義時の父であり、北条政子(源頼朝の妻)の父でもあります。平治の乱で敗れ、伊豆の国に流された源頼朝は、時政のもとで流人生活を送りました。治承4年(1180)に源頼朝が挙兵すると、時政は一門をあげて頼朝を支えます。
披露山には有名人がたくさん住んでいますよ!
披露山には有名人が多いです! 披露山には有名人がたくさん住んでいます。 関東で高級住宅地といえば、田園調布が一番有名ですよね。 披露山はあまり知られていないようです。 場所は神奈川県逗子市になります。東京から横須賀線で ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました